家の中ではインナーイヤー型のイヤホンの方がいいという話

PC・スマホ・Web

イヤホンといえば、耳を完全に密閉するカナル型の方が人気だと思いますが、僕は密閉しないインナーイヤー型をメインに使っています。

カナル型に比べて、商品の選択肢も非常に少ないのですが、それでもインナーイヤー型を使い続ける理由について、書きたいと思います。

前提:インナーイヤーは家の中のみ

電車の移動中や屋外での待ち時間など、周りが騒がしい場面などでは、カナル型イヤホン(ワイヤレス)を使っています

やはり周りの音を遮断できるのは、こういった場面ではメリットとして大きいです。

今からインナーイヤー型のいいところを書きますが、家の外ではこれらのメリットはあまり生かされません。

あくまで、家の中ではインナーイヤー型の方がいい、という話です。

いらすとやに、インナーイヤー型(左)とカナル型(右)がそれぞれ用意されているの、さすがすぎる。

周りの音が聞こえないのは怖い

カナル型だと、周りの音が全く聞こえなくなるのが怖いです。

インナーイヤー型であれば、大音量で音楽などを聞かない限りは、家の中の電化製品の音などがうっすらと聞こえます。

ちゃんとクーラーがついていること。

電気ポットのお湯が沸いたときのカチッ音。

実家では、家族に話しかけられたときの声。

家の中の音が全く聞こえないと、何か異変があったときに気付けないんじゃないか?と不安になってしまいます。

その点、インナーイヤー型であれば、イヤホンで音楽などを聞いていても安心することができます。

心臓のドクドク音が聞こえるのがイヤだ

これはけっこう大きな理由です。

カナル型のイヤホンで、周りが静かなときに聞こえる心臓のドクドク音が、僕は大の苦手です

ドクドク音は全般が苦手なので、他にも、手首に指を当てて脈を確かめたり、健康診断の血圧を測る機械で腕をぎゅーっと締め付けられて、ドクドクの鼓動を感じるのがすごくイヤです。

黒板に爪立ててギーとやったときのように、背筋が凍るような感じがしてしまいます。

カナル型のイヤホンだと、耳を密閉している部分から骨伝導で、このドクドク音が聞こえてしまうのです。

(電車などでは、周りの音や振動で気づきにくいので問題ない)

インナーイヤー型であれば、密閉されないので、心臓の音が骨伝導で聞こえる心配はありません。

インナーイヤー型のイヤホンで、おすすめは?

おすすめは、特にありません(笑)

家事や作業中など、普段使いの「ながら聞き」では全然音質を気にしないので、2000円以下で買える安いものを使っています。

高音質で音楽を聞きたいときや、FPSゲームをするときには、普段使いイヤホンとは別に、ヘッドホンを使っています。

やはりカナル型に比べてラインナップが圧倒的に少ないので、ほとんど選択肢がない状態ですね。

今使っている Inchic というメーカーのイヤホン。セールで891円。普通にちゃんと使える

本当は SONY が販売してくれると嬉しいのですが、ほとんど売ってないです。個人的には Audio-Technica か Elecom がとりあえず安定。今は Amazon で買った Inchic という知らないメーカーのを使っていますが、全然悪くないです。ビックカメラで買った JVC (旧 Vector)のは、音質を気にしない僕ですら耐えられないレベル(飛行機でタダでもらえるやつくらい)だったのですが、不良品だったと信じています。

Inchic イヤホン 有線 イヤホンマイク いやほん マイク付き イヤフォン インナーイヤー型 通話対応 テレワーク パソコン PC 3.5mm 4極
イヤホン 有線 イヤホン イヤホンマイク マイク付きイヤホン 有線イヤホン イヤフォン いやほん イヤホン 有線 まいくつきイヤホン earphones イヤホン 有線 マイク付き 高音質 イヤホン. イヤフォン 耳机 イヤホン パソコン マイク付きイヤホン 有線 イヤホンマイク pc テレワーク用 イアホン 有線 イ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました