1年間のまとめ ~広く浅くの達人を目指して~

 この1年間のまとめです。

 このブログ、今年の半ばぐらいに広く浅くの達人を目指してという副題を付けました。それまでは何も考えずにブログを始めただけでしたが、途中で「”広く浅く”をやっているときが自分は一番楽しい」と気づき、このブログについてのページで簡単に意気込みを書きました。

 僕がこのホームページに書いていること全て。例えば、HTMLを勉強したのも、ピアノを弾くのも、自分でコーヒーの焙煎をするのも、日本酒の飲み比べをするのも、時々農家に勉強をさせてもらいに行くのも、裁判の傍聴に行くのも、フィルムカメラを始めたのも、あるいは知らないことがあったらすぐにググるのも、全て「広く浅く」という中心の部分から派生したものです。

 この副題を付けてからさらに時間が経って自分なりの解釈が深まってきたので、1年のまとめとして自分の考えを書いておこうと思います。

 僕にとって「広く浅く」は、大きく分けて以下の3つの効能があります。

①楽しい部分だけいいとこ取り
②その分野に詳しい人から深い話を聞くためのとっかかりになる
③初見の物事に対しても「楽しみ」を発見しやすくなる

 次の記事から順に詳しく書いていこうと思います。

この記事は旧ブログ「ワーホリ中」からの転載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました