おいしいものを食べ続けるために

 ここのところ、自分のおいしいものを食べたい願望が強すぎて困ってます。

 きっかけは、2週連チャンで南三陸(1泊2日)と大田原(2泊3日)へ行ったことだと思います。
 やっぱり、その場で取れたものをその場で食べる、これに敵う食の楽しみはないなーと実感しました。「地産地消」って言葉を使っちゃうとなんだか全く心に響かないキレイゴトみたいな雰囲気が漂っちゃうから使いたくないんですけど、まぁ要するにそういうことです(笑)
 東京でも、本当にこだわってる店は「ホタテは北海道から冷凍せずに産地直送。小鮎は滋賀の琵琶湖から、お米は新潟から…」ってやってますよね。
 
 僕の思うに、おいしいものを食べることのメリットの一つは、同じように「いい食材を食べたい」という考えの人と出会えることだと思います。
 そういう人とはやっぱり話が合いやすいし、風通しの良い人間関係を築きやすいです。だって隣が知らない人だったとしても、一緒にご飯を食べてたら、顔を合わせて「おいしいですね~!」って言わずにいられないじゃないですか。それに、「緑に囲まれて、その場で取れたものを食べるっていうのが一番自然なんだ」ってことを理屈抜きで理解してるから、それだけで仲間意識が芽生えてオープンな雰囲気が生まれます(前回書いたことと重複しますが、これは「理屈抜き」だからこそいいし、それだけで十分。そこからさらに上積みして「人工甘味料は発がん性があるから口にしない方がいい」とか「遺伝子組み換えでも5%以下なら表示しなくていいっていう法律の抜け穴がある」みたいなことを言い出すと変な方向に行く気がする。あくまで個人的な感覚だけど)。

 で、その次は何を考えるかというと「将来的にはそういう生活ができたらいいな」ということです。
 東京でもいい食材を手に入れることは難しくないけど、やっぱり地方移住して、その場で生計を立てるに越したことはない。
 でもさすがに今すぐってわけにはいかない。自分としてはまずは社会経験をしっかり積んで土台をつくっておきたいし、それが長期的には説得力を持つようになるはず。それに地方移住って言ったって色々な形があります。実際に農業を始める人もいれば、その場で起業してお金を稼ぎ、それを現地で使うって人もいる。平日は東京にいるけど、休日になると地方へ出かけるって人もいる。最近はテレビでも特集されるくらい「地方」が注目されてるから、色んな暮らし方やいろんなコミュニティの作り方があるんだっていうのは比較的知りやすいです。
 でも、自分って頭が悪い上に頭でっかちだから、現地に行って実際に見た方がいいだろうなって思います。いくらテレビで見たり本を読んだりしてもいまいちピンとこないから、実際に見に行きたいと思います。
 で、地域コミュニティを回す方法の一つに地域通貨があります。これは以前通貨発行権スタディツアーに参加したときに知りました。地域通貨には「小さいコミュニティの中だけでも十分に全員分の生活を回すことができることの象徴」みたいなイメージがあります(自分だけかな?)。だから実際に地域通貨を使ってコミュニティを回している様子を見てみたい。そこで「日本 地域通貨」とかで検索すると地域通貨全リストみたいなサイトが見つかるのですが、これって本当に”全リスト”なんですかね? 本当にうまいことやってる地域通貨があるなら、こういう所には掲載されずに人目に触れずに運用してそう。まぁ、いずれにしてもこの夏休みのどこかで見学に行きたいですねー。

 最近はそんなことをやりたいと思っています。ちょっと前までずーっと「自分のやりたいことが分からない」って言ってたから、今のこの状態がなんだか嘘くさいんですけどね(笑)

この記事は旧ブログ「ワーホリ中」からの転載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました